お問い合わせ

ホーム > 地震による液状化現象に注意を

地震による液状化現象に注意を

液状化現象は港湾や沿岸地域などに発生すると思われてがちですが、内陸部でも地盤(地質)の性状によっては発生します。掲載させてもらいました写真は茨城県の被害状況ですが、数十年前に盛土造成された土地で、付近一帯の数千棟で液状化現象による地盤沈下が発生し建物が大きく傾いてしまっています。
 
この様な現象はこれまでに強い地震に見舞われた地域では多数発生しており、地震国で有る我が国では決して他人事ではありません。また、液状化による地盤沈下以外にも地震そのものによる沈下事故も多数発生しております。
 
被災地でも地盤調査や地盤補強工事が適切に行われていた建物は被害を免れているケースを多く確認できました。戸建住宅の設計地耐力は元々が低い値のため、強い地震力を受けると簡単に沈下してしまいます。
 
弊社としましてかねてより積極的な地盤補強工事を奨励して来ましたが、この度の被災地を見て、改めてその方向性が間違っていなかったと言う思いを持ちました。新築時の地盤保証はこの様な大災害時は免責となっているため、注意が必要です。
 
今後も精度の高い地盤調査と間違いのない地盤補強工事で、安心してお住まいしていただける安全な地盤を提供していける様に精進してまいります。

株式会社ジーテックジャパン 代表取締役社長 坂口 利郎
これから建築予定の方すでに地盤調査がお済の方