お問い合わせ

ホーム > 地盤調査

地盤調査

スエーデン式サウディング試験

スウェーデン式サウンディング試験は、北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用し、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、1954年頃建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。 1976年にはJIS規格に制定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されている地盤強度を調べる最も一般的試験方法です。

ラム・サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験では、困難だった「N値30を超える地層」や「深度20mを超える測定」でも余裕を持った測定が可能で戸建て、中低層のRC造や鉄骨造の建築構造物の地盤調査に最適です。

ボーリング調査

ボーリング試験とは、正確には地層構成の調査や土の採取及び標準貫入試験などを行うための孔を掘ることです。標準貫入試験とは、ボーリング試験で掘った穴を利用して、土の硬軟や締まり具合、土の種類や地層構成を調べるための試験です。地下水位の確認及び地質の直接確認ができるため非常に有効なデータが取れます。

これから建築予定の方すでに地盤調査がお済の方