お問い合わせ

ホーム > 沈下修復

沈下修復

鋼管杭圧入工法

建物の荷重を反力に鋼管杭を支持地盤までジャッキを使って圧入し、建物を支持させ修正する工法です。
地盤沈下を起こした建物の水平修正復旧を目的とした工法で、居住したままで施工が可能です。
沈下修正するだけではなく再沈下を防止します。
騒音、振動、埃の発生が少なく、小型機器材を使用するので狭い所での工事が可能です。
建築物の基礎に、作業空間を形成し、ジャッキに寄り建築物の重力を反力とし、鋼管を順次継ぎ足して地盤に打ち込み、鋼管杭を形成します。
鋼管杭の頭部にジャッキ台を設け仮受けし、沈下修正します。

耐圧版工法

建物の基礎下を堀削し耐圧版(鉄板)を敷設します。
そこへ油圧ジャッキを据え付け建物を持ち上げて水平化をはかります。
最終的に耐圧版と基礎の間に鋼管を設置し耐圧版に溶接を行い一体化して再沈下を防止します。

地盤陥没充填工法

薬液注入工法は、地盤調査及び現地状況に基づき土の隙間に対しセメントミルクを圧送ポンプで充填圧入する工法です。
地盤中にボーリング等で設置した注入管を通して、固まる時間を数秒から数時間の中で調整できる注入材料を注入し、土粒子の間隙を埋めることで、地盤の強度や遮水性を高める工法です。

 

これから建築予定の方すでに地盤調査がお済の方