お問い合わせ

ホーム > 補強工事

補強工事

表層地盤改良工事

表層部の地耐力不足を解消するため、地盤の土とセメント系固化材を混合攪拌し転圧をかけ、固化させることにより地盤の耐力が増し、不同沈下を防ぐことができます。

柱状地盤改良工事

柱状改良工法は安定した地盤までセメントミルクを注入して、原地盤土を柱状固化させ、地盤強化を図ることができます。
改良柱体径φ500 φ600 φ800

鋼管杭工事

地盤調査の結果、軟弱層が厚く支持地盤がはっきりと確認できるような場合に適切な工法です。
φ139.8前後の一般構造用炭素鋼銅管を用い、回転貫入により支持地盤まで打ち不同沈下を防止します。

これから建築予定の方すでに地盤調査がお済の方